2010年02月05日

秋葉原17人殺傷 きょう第2回公判 事件の目撃者が証人出廷(産経新聞)

 東京・秋葉原の無差別殺傷事件で殺人罪などに問われた元派遣社員、加藤智大被告(27)の第2回公判が1日午後1時半から、東京地裁(村山浩昭裁判長)で開かれる。この日は、事件当日、秋葉原にいた目撃者1人の証人尋問が行われる。また、証人尋問に先立ちこの証人に関連した書証の取り調べも行われる。事件当日の様子が目撃者の口からどのように語られるかが注目される。

 公判では、目撃者や被害者、遺族、鑑定医など計42人の証人尋問が予定されており、今回はその一人目。

 加藤被告は初公判で事件の事実関係を認めたが、弁護側は責任能力を争う姿勢を示した。しかし、冒頭陳述では、どのような手法で責任能力を争うかについては明らかにしなかった。

 起訴状によると、加藤被告は平成20年6月8日、東京・秋葉原の交差点にトラックで突っ込み、3人をはねて殺害。さらにダガーナイフで4人を刺殺したほか10人にけがを負わせた、などとしている。

 加藤被告は裁判員裁判施行前の起訴のため、裁判員裁判の対象ではない。

【関連記事】
秋葉原殺傷事件 引きずる影、薄れる記憶
弁護側冒頭陳述「彼にとって掲示板とは何なのか」 秋葉原殺傷初公判
(2)メル友女性に顔写真送ると返信途絶え…検察官「容姿に強いコンプレックス」 秋葉原殺傷初公判ライブ
歩行者天国中止、客足減…影響続くも事件は風化 アキバの今を歩く
秋葉原殺傷初公判 加藤被告 無関心から反省、謝罪の言葉も

観光装い下見、盗品郵送…爆窃団再び日本標的(読売新聞)
合成樹脂の倉庫内から煙、消火続く…川崎(読売新聞)
再現される事件当時の進行経路… 消されたモニターを見つめる加藤被告(産経新聞)
「本命外し」談合組織へ指示=ゼネコン側、妨害恐れ献金−東北工事で小沢事務所(時事通信)
橋下知事、私立高の実質無料化制度拡大の意向(読売新聞)
posted by カサマ カズナリ at 22:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。