2010年03月11日

<妊娠糖尿病>診断基準を厳格化(毎日新聞)

 日本糖尿病・妊娠学会、日本糖尿病学会などは、妊娠をきっかけに発症する妊娠糖尿病の診断基準を厳格化する方針を決めた。世界糖尿病妊娠学会が世界約2万3000人の妊婦を対象にした調査を基に取りまとめた診断基準を採用、より軽い高血糖の人にも治療を促すことにした。

 妊娠糖尿病は従来、妊娠前に発症した糖尿病も含んでいたが、同学会などは「妊娠中に初めて発見または発症した軽い高血糖とし、明らかな糖尿病は含めない」と変更し、一般的な糖尿病と区別した。

 そのうえで、空腹時血糖値(1デシリットルあたり92ミリグラム以上)、75グラムブドウ糖負荷試験の1時間後の血糖値(同180ミリグラム以上)、2時間後の血糖値(同153ミリグラム以上)の三つの検査値のうち、1項目でも該当した場合、「妊娠糖尿病」と診断することにした。従来の診断基準は2項目に該当することが必要だった。【永山悦子】

【関連ニュース】
糖尿病:働き盛り調査…治療と仕事両立探る 5千社対象
社説:メタボ健診 科学根拠に制度見直せ
糖尿病講座:(20)運動療法の進め方
糖尿病講座:(21)経口血糖降下薬治療
国内の糖尿病患者

なぜ?届かぬ幼いSOS 埼玉4歳衰弱死(産経新聞)
「憂慮すべき事態」=愛子さま欠席に学習院(時事通信)
普天間、社・国が移設案提示=月内に政府案取りまとめ(時事通信)
健保利用者の統計作成、東京の会社が破産手続き開始(医療介護CBニュース)
普天間は国連軍指定基地 初耳だった首相ら(産経新聞)
posted by カサマ カズナリ at 17:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。